Blog
10万円の使いみち+++02
  • Posted:
  • 2020年6月14日
  • Comments:

    0

虎タヌが大得意なnoiファミリー。

特別定額給付金がいずれ入ると決まったからには、

もうあれこれ、ワクワクしながら欲しいものを探していました。

本来なら、仕事も殆どがストップしていて今後の不安もあり、

こんなに呑気にしていられる状況ではないのかも知れませんが、

社会全体、ましてや世界全体がこのように停滞してしまわざるを得ない時。

あれこれ気に病んでも仕方がないので、今のこの時間を楽しむことに集中です。

また、あれこれ言われてはいますが、

わたしたち自営業に向けての持続化給付金は

ミスをしないできちんと手続きをしてさえいれば割とスムーズに給付されたので、

そういった意味での安心感も多少ありました。

ありがたいことです。

 

さて、ガラスのフラワーベースの次に私がポチっとしたのは、

水道橋の千鳥さんのオンラインショップで見つけた器たちです。

真ん中上から土井義男さんの 紺青十二角7.5寸皿。

左下 阿部春弥さんの黄磁陽刻牡丹文7.5寸皿。

右下 同じく阿部春弥さんのもえぎ陽刻牡丹文7.5寸皿。

それぞれに2枚ずつ、計6枚を揃えました。

コロナが終息して、また我が家に仲間たちがワイワイ集まったら、

新しいお皿でおもてなししたいものです。

どれも銘々皿としては少し大きめ。

おかずのお皿としては程よい大きさでとても使いやすいサイズです。

早速夜ご飯のおかず用に使って。

冷凍庫にあったつくりおきのコロッケや春巻きも、

新しい器に盛られると特別な一品のよう。

これまで3食の支度でくたびれきっていたけれど、

器が新しくなるだけでもこんなに気持ちが上がるのかと思いました。

これならお昼ご飯の支度もちょっと楽しめる。

ある日のランチオムライス。

ある日のランチ冷やしつけ麺。

あれこれ盛り付けが楽しくなってきたので、

ふつーの三食そぼろご飯も、

しばらく使っていないなかったお重に詰めてみたりして。

でもこれは、ポロポロ溢れてよそりずらかったようです。

こうして我が家の新入り仲間たちは、私の憂鬱な食事の支度を

随分と助けてくれたのでした。

 

 

No Comments
Leave a Comment