Blog
10万円の使いみち+++03
  • Posted:
  • 2020年6月14日
  • Comments:

    0

10万円て、

好きに使っていいよ〜!って言われると結構色々買えるもんですね。

高価なハンドバッグやお洋服を買うには足りないのかも知れませんが、

私のようなちまちま人にはあれもこれも…と選べて十分に楽しい。

次に選んだのはまた器です。

今年行きたかった益子の陶器市に出品予定だった作家さんのものを買いたいなと思い、

北海道で運営しておられるショップ スヌーさんで取り扱っていた、

吉沢寛郎さんの器を選びました。

角丸深皿を3色。

艶のある藍色とベージュ、マットな黄色。

程よい深さがあり、カレーやシチューなどにも使えそうです。

ぽってりとした感じが可愛くて、愛着が湧きます。

そしてレリーフ四角皿マットな薄桃色のものを一枚買いました。

四角皿はお菓子を乗せたり、トーストにもちょうど良いサイズ。

角丸深皿は思った通り、お料理のソースなども溢れない深さ。

この日のランチは近所のビストロ ラボワットアンボワさんのテイクアウト。

美味しいお肉とラタトゥイユ。見た目もオシャレな感じに。

もちろんご飯物とも相性抜群です。

これは私の作った豚肉そぼろと豚しゃぶが乗っかったご飯。

このマットな黄色が私は一番のお気に入り。

息子はこの藍色が気に入っています。

盛り付け雑なのはご容赦を!

コッテリ揚げ物+ハンバーグランチ、洋食屋アレックス風に。

先に買った6枚の器よりも少しサイズは小ぶりなのですが、

厚みがあるので安心感があり、普段使いに最適でした。

既にかなりのヘビロテ気味。

かくして、今年の息子の誕生日には

池尻のジョバンニおじさんのお店でたっぷりお料理をテイクアウトして、

新しい器たちに盛り付けて美味しく頂いたのでした。

料理もカラフルですが、器も華やか。

新メンバーが勢揃いするとなかなか圧巻です。

作家さんもバラバラ、色も形も違いますが、

全体のトーンが揃ったので一緒に並べても何となくまとまっています。

この、ざっくりとしたカオスと均衡が、

毎度ながら私の好きなコーディネイトの着地点です。

 

この厳しい状況の中、近所の大好きな美味しいお店の方々が、

テイクアウトメニューでお料理を提供してくださったおかげで、

我が家のstay home期間も充実した食事を頂けました。

ありがとうございました。

早くあちらもこちらも顔を出して食べ歩きしたいところではありますが、

気を抜かず、少しずつ、伺えたらと思います。

 

 

 

 

 

 

No Comments
Leave a Comment