Blog
LDと仕事場充実リフォーム+++03
  • Posted:
  • 2017年11月1日
  • Comments:

    0

リフォーム工事、順調に進んでいます。

先週の金曜日(10月27日)と、今日。

現場を見てきたのでその進捗状況のご紹介です。

LDには床暖房が入り、壁や天井の軸組下地が入りました。

フローリングも貼られて、

システム収納を設置するところは壁をフカしてコンパネ下地を入れています。

天井や納戸の壁にもプラスターボードが貼られて、間仕切りも決まってきました。

こちらはキッチンから出ていたダクトルートの下り天井。

斜めになだらかに納戸の壁につながりました。

この下がり天井の下には、ビール専用?!冷蔵庫が置かれます。

テーブルを置いて、ホットプレートなども使える様に、

冷蔵庫用のコンセントを下の方に設置しました。

納戸の中の壁には、棚板用の下地が組まれています。

下地にめがけて棚板を固定していきます。

この棚は、クリスマスツリーを収納するための棚。

箱のサイズに合わせて棚板の設置高さを決めました。

こういった細かい設定ができるのも、

設計者と一緒にリフォーム計画をしていく上でのメリットかと思います。

ワークスペース側の戸堺壁にも、家具下地が入りました。

右側は全面壁面収納。

左側はクロス貼りの壁とデスクなどが設置されるので、

クロスを貼って綺麗に仕上がる複合下地が入っています。

ここも壁をフカしているので、

デスク上にコンセントを増設しています。

雑多なパソコン類のケーブルがごちゃごちゃにならない様に、

使いやすい高さと位置にコンセントを設置しています。

引き戸の建具枠やレールも設置されています。

今回は引き戸を開けた時に廊下まで天井が綺麗に繋がる様な納まりに。

木の上枠が入ると連続性がなかったり、

プラスターボード下地と挙動が変わって割れの原因になったりするので、

下地の下にさらにボードを貼り伸ばして施工してもらいました。

間取り変更に合わせて照明器具も移設。

天井下地にも補強を入れてもらい、

重さのある照明器具も吊るせる様にしてあります。

そしてボードで塞がりました。

来週中頃には大工工事も一通り終わって、

その後クロス工事へと入っていきます。

まだまだ今しばらく工事は続きますが、

ご家族皆さん、

お身体に気をつけて頑張っていただきたいと思います。

 

 

 

 

 

Share on Facebook18Tweet about this on TwitterPin on Pinterest0
No Comments
Leave a Comment