Blog
プチ・リフォーム+++06 収納充実完了
  • Posted:
  • 2016年12月10日
  • Comments:

    0

リフォーム工事も居室と収納に関してはほぼ完了しました。

やはり住みながらのリフォームは、

わかってはいましたが相当疲れも溜まりました。

ましてや我々は自宅が仕事場でもあるので、

日中仕事をする中で職人さんたちの作業も進められていて、

どこかそわそわするような日々を過ごしていました。

それもようやく、ようやく、ひと段落です。

さて、更新が滞ってしまっていた途中経過と収納充実計画の結果を

一つずつご紹介です。

 

まずは洗濯機置き場の上の可動棚設置です。

これまでは、IKEAの可動棚をつけていたのですが、

これを機に大工さんに丈夫なちゃんとした棚を

取り付けてもらうことにしました。

00-1

左右の壁にダボレールを設置して強度を持たせるために、

下地のコンパネを入れています。

パネルの継ぎ目や釘穴にはパテ処理をして下地調整。

01

そしてクロスを貼って仕上げです。

02

奥行き500の可動棚が3段。

ここはワイド900程、天井高さが2400まであるので、

収納量も結構取れて助かります。

日常の細々したものを早速収納。

21

以前使っていたリリアンカーテンも、

この機会に洗って綺麗にして取り付けました。

 

廊下の収納には扉が設置されました。

00-3

塗装屋さんが建具に塗装をして、

クロス屋さんが内装仕上げをして、

念願の廊下収納の充実化が完了です。

20

これまであちこちに散らばっていた仕事の資料などが、

ようやく一箇所に整理されてまとまりました。

ワイド1200以上で、奥行きは500ほどなので、

中に何が入っているのかも見渡しやすくて探しやすいです。

箱詰めした時に、

「これ全部入るかしら…」と一瞬不安になったものたちも、

全て収まってホッとしました。

 

03

ウォークインクローゼットの中も、

クロスが貼られました。

04

こんなに複雑に出たり入ったりしている棚やパイプで、

職人さんが頭を悩ませていましたが、

「貼れる範囲だけていいよ〜」と言っていたにも関わらず、

ほぼ隅々までクロスを貼ってくれて、綺麗に仕上がりました。

22

衣類も予定通り、長ものと短いものなどを分類して

探しやすくしまいやすく収納されました。

23

夫のジャケットもワイシャツ類も、

2段のパイプにかけられて収まっています。

人が立つスペースも必要なので、

単純に面積が2倍になって収納量も2倍…

と言うわけにはいきませんが、

何がどこに入っているかを見渡して探せるというのは、

こんなにストレスフリーなのだなと実感しています。

今回リフォームのポイントの一つだった機能面、

収納増設計画は、このように実現・完了しました。

大変ではありましたが、満足度の高い結果です。

あとはこの機会を活かして無駄なものを極力増やさず、

整理整頓が今でいうSustainableであるように、

努力していけたらと思います。

 

しまいたいものをしまいたい場所に、しまいたい分だけ。

これを実現できるのが緻密な設計+工事の醍醐味。

既に仕事で様々な計画を積み重ねてきていますが、

また自分のこととして改めて経験することによって、

再度確認できること、新たな発見、

もっと工夫が出来そうなこともいろいろあった気がします。

自分たちの生活だけでなく、これからの仕事でも、

活かしていきたいところです。

 

 

 

 

 

 

Share on Facebook6Tweet about this on TwitterPin on Pinterest0
No Comments
Leave a Comment