Blog
フランスの旅2014 12日目
  • Posted:
  • 2015年1月2日
  • Comments:

    0

親子3人、マイペースながらも楽しんで来た旅もいよいよ最終日を迎えた。

IMG_2284

パリの街とも今日でお別れかと思うとしんみりする。

沢山の思い出と一緒に、あちこちで選んだお土産もみっちり詰め込んで、

なんとかかんとか荷造りも完了。

こんなに買物して持ち帰れるのか?と思ったけれど、

今回も衣類やタオルなど不要なものは全て捨てて、

持ってきた日本食も完食したので一応キャリーバックには納まった。

後は空港で重さを測ってオーバーしていないことを祈るばかり。

ひとまず、帰りの飛行機は夜発なので、

チェックアウトを済ませて荷物を預けてから、街に繰り出した。

今日はリベンジのマレ地区から。

IMG_2287

サン・ミッシェルからバスに乗ってまたまたやってきたマレ地区。

クリスマスツリーが綺麗だったので記念撮影などしつつ、

オットが目指していたメロディーグラフィックという文具店へ。

ウィンドウを眺めてうっとりしていた万年筆を旅の思い出土産に購入することに。

IMG_7510

左端のぐるぐる柄の入った透明白と、右端のネイビーを購入。

1本は一年間頑張ってくれたオットへのクリスマスプレゼント。

物書きでもないのに、

何本もある万年筆とインク壷に???って思うヨメですが、

ささやかな趣味でもあるコレクションなので特別許可を。

IMG_7511

見た目でこちらの方がお安いかな?なんて話していたけれど、

お店のムッシューに聞いてみたら、インクをスポイトで入れるタイプのため

こちらの方が高価なのだとか。

他にボトル入りのインクを一つ買おうとしたら、

「これはプレゼント」と言ってオマケしてくれて、

更に息子にも消しゴムを「思い出に…」と言って渡してくれたムッシュー。

素敵な思いでができました!と言って、3人ご機嫌で店を後にした。

あとはマレ地区の街をフラフラと散策。

IMG_2290

アートやジュエリーのお店なども眺めて歩く。

IMG_2294

美味しそうなドライフルーツが売っているお店。

IMG_2293

お土産に…と思ったけれど、人気店なのか行列だったのですごすごと退散。

デーツなんかもあって、美味しそうだった。

丁度お昼時でおなかも減ったので、ランチを食べに店を探す。

息子が食べたいと言った店を素通りして他のカフェに入ったけれども

あと15分しないとランチは始まらないよと言われて、

お茶だけ飲んで店を出る。

結局息子が食べたがっていたハンバーガーの店に。

12時きっかりに店に入ってオーダー。

お肉屋さんがやっている店らしく、お肉が美味しそう。

そして来たのがこちら。

IMG_2300

どっかーん!と来た肉たち。

オトコたちはハンバーガーをオーダー。

IMG_2301

私のは250gのリブステーキ。

肉が熟成肉みたいで味に旨味があって美味しい!

しかもあっさりと食べられて、危うく250g完食してしまうところだった。

1切れ2切れオットにも分けてあげて気持ちセーブ。

IMG_2310

店を出る頃には外まで並ぶ人気店だった。

パリ最後の日に、ちょっと奮発して美味しいお肉が食べられて満足。

それから再びサンジェルマン・デ・プレに戻り、モノプリで買物。

ウィンドウを見ながら、パリの大好きな界隈を歩いて回る。

IMG_2311

今回はお皿とカトラリーで予算使ってしまったので、

こちらのテーブルランナーやランチョンマットにそそられつつもさようなら。

IMG_2314

お皿を買ったLa tuile a loupにも置いてあったマーブル柄のお皿。

サンジェルマンの裏通りのお店にも置いてあった。

IMG_2316

ガラスのグラスも綺麗だけれど、

さすがに持ち帰りに難ありでこちらも見るだけ。

IMG_2318

道の途中にぽっと現れるこんな素敵な裏庭をのぞいてみたり。

IMG_2321

宿の裏側にあったカフェがテラス席を増築中だったので眺めてみたり。

最後のそぞろ歩きを楽しみながら、荷物を取りに戻った。

IMG_2324

パリヴェリブにまたがる息子。

今回はまだまだ背が足りなくて乗れなかったけれど、

次回パリに来る時には、乗れるくらいの背丈になっているかな?

 

かくして、

荷物を受け取りRERの駅からシャルルドゴール空港へ向かった私たち。

行きでの教訓を活かして随分と早い時間に到着して余裕の体だったはずが、

まずはメインのキャリーバックが重量オーバー。

あと3kg減らせと言われて中の缶詰類を別にして手荷物に。

よし…と何とかクリアしたと思ったら

あとからオットの手荷物にナイフが入ってることに気付き、

再び手荷物を預けてようやく出国審査と荷物チェックに。

並んでブーツも脱いでさあオッケーって思ったら、

今度は手荷物にした缶詰が1こ100gを越えてるから没収だと言われ、

まだ時間があるから一度出て再チェックインするか?と聞かれ、

再び階下から一度外に出て、

入国審査を受けてからまたカウンターに行ってチェックイン。

更に出国審査と荷物チェック…というハップニングに見舞われつつも、

なんとか無事に時間内に搭乗口付近までたどり着いた。

今回は前回の搭乗口と違って店もあまりなくて、

手持ちの残りユーロはとにかく待ち時間の飲み食いで消化。

さあ、いよいよまた日本に帰る。

無事に荷物も私たちも、成田まで届きますように。

おかげさまで、またとっても楽しい旅ができた。

みんなすんごい歩きまわってヘトヘトだけど、

風邪もひかずお腹も壊さずに元気に過ごせて良かった。

お仕事も、まあ帰れば色々あるのだろうけど、

ひとまずお休み頂けて関係各位に心より感謝。

何より、ここまで付き合ってくれたオットとムスコにもありがとう。

また帰って、それぞれに頑張ろう。

旅の終わりは毎度のことながら寂しいけれど、

次への心の糧にして、またこの経験を仕事に活かしていきたいと思う。

IMG_2334

帰りの便はJAL運行だから、機内食にもお蕎麦が。

こうして、私たちのフランスの旅2014は、無事に終了となりました。

 

 

 

 

Share on Facebook7Tweet about this on TwitterPin on Pinterest0
No Comments
Leave a Comment