Blog
フランスの旅2014 11日目
  • Posted:
  • 2015年1月1日
  • Comments:

    0

パリで丸1日過ごす最終日。

さすがにみんな大分疲れが見えてきた。

交代でマッサージしたりして、労いあいながら休みながら、

最後まで倒れないように調整する。

毎日距離にすると10km〜15kmも歩いていたりするから疲れも当然か。

そしてこのペースに、息子もしっかり着いてきているからそれも感心。

前よりも随分体力もついているし、文句も言わずに本当にエライな。

そして一番手のかかるママが、腹へった!

とうるさく騒ぐので、朝食を取りに宿を出た。

まだまだ薄暗い月曜日の朝。

IMG_2246

近所のギャラリーや、

IMG_2247

素敵なカフェを眺めながらの朝散歩。

IMG_2248

アートが飾られたカフェは、石造りの壁とモダンな家具が調和して、

すごく心地よさそうな穴蔵感が出ていて魅力的。

こういうエロさが、正に私たちの好みの空間でがっつりとツボ。

クリスマス仕様に窓辺が飾られたホテル。

IMG_2249

目覚め前の街でも、眺めて歩くといろいろ楽しい。

朝食はPAULで。

IMG_2251

バゲットにバターとジャム、カフェオレのセット。

味の濃厚な美味しいバターをたっぷりつけて頂く。

日本はバター不足で大騒ぎなのに、

こちらはこんなにボリューム満点のバターが添えられてくる。

向かいにはスミスと言うパン屋さんもあって話題にもなっていたので、

帰りにそこでもパンを買って帰る。

一度宿に戻ってから、再び街へ繰り出す。

今日は再度、バスに乗ってマレ地区に向かった。

先日見きれなかった店をみようと向かってみたけど、

通り一帯ががら〜んと静か。

IMG_2258

目的の文具屋さんゾーンは月曜日お休みだったり午後から営業だったりで

今日はお買い物ができず。

IMG_2253

インテリアショップのウィンドウをのぞいたり、

IMG_2260

ノエル前で大忙しのお菓子屋さんのウィンドウを眺めたり。

IMG_2263

個性的でシュールなお菓子を見つけたりしつつ。

IMG_2262

明日の日中にリベンジで出直すことにして、

お茶だけ飲んで早々にマレ地区撤退。

サン・ミッシェルに戻って、

ピエールオテイザで残りの土産食材をたんまり仕入れる。

年明けには、仲間たちとフランス食材祭り予定。

帰ってからも楽しみ。

もう一つの買いたいものが売ってる店が午後から営業だったので、

ひとまず宿に戻って部屋でランチをとりながら休息した。

歩ける範囲に好きな店が固まっているのが旅先では何より便利。

今回も、宿選びでは地図検索で好きな界隈で予約の取れる宿を

徹底的に隅から隅までクリックして気に入ったところを探した。

ネットで便利になった分、少しでもよい条件が揃った所でないと、

何だか損した気分になってしまうのが良くないなって思いつつも、

ひとまず泊まる場所に関しては貪欲に検索をして選んだ。

その代わり食べる事に関しては殆ど行き当たりばったりだったけど、

それもまた楽しい経験。

見えない結果や読めない未来を、もっともっと楽しまないとな。

 

シエスタを終えて、のそりのそりとまた街に繰り出す。

最後の夜の、サンジェルマン散歩。

先ずは私のお買い物に。

今回の旅でお皿の他に欲しかったのが、カトラリーのセット。

来客の多い我が家で皆で食事をするのに、

IKEAのお買得セットを使っていたので

そろそろしっかり揃えたいと思っていたのだが、

憧れのクリストフルさんまではまだ遥か遠い道のりだし。

そもそもそんな高級カトラリー使うに値するような

料理の腕もない。

普段使いみたいな気軽さもありながら、

ちょっとフォーマルな印象もあり、

それでいてお値段も程々…

ってラインを探して見つけたのがこの店のもの。

IMG_1917

パリの初日に紙ナプキンなどを買ったお店Caspariにて。

スプーン、フォーク、ナイフの6セットをお買い上げ。

これで今回の旅での私の大きなお買い物も終了。

果たして、鞄に入りきるのか?

荷造りの課題を残しつつも、ひとまず夕暮れ散歩。

毎回泊まってみたいホテルに上がるLa villa Saint Germainを覗き込み、

IMG_2266

その素敵なインテリアに「次こそは…」と思いつつ、

ついついキッチン付きの部屋に流れてしまったのを

ちょっと恨めしく思ってみたりして。

インテリアやファブリックの店が沢山あるサンジェルマン界隈は、

とにかくウィンドウを眺めて歩くだけでもワクワクするものばかり。

IMG_2267

欲しかったものリストのお買い物が済んでも、

ついついあれこれと誘惑にかられそうになる。

IMG_2269

本当はもう少し自由にあちこちの店に入ってまわりたいところだけど、

長旅で歩きすぎたのか息子の足が痛みだし、

ドゥマゴでお茶をして街を眺めながらの休憩に。

IMG_2274

キラキラ輝く街を眺めながら、最後の夜を味わう。

IMG_2271

本当に今回も、みんなでよくあるきまわったね。

相変わらずの自分たちのペースで、かつ自由に。

息子はまた来年も来たいと言っているけれど、さてどうなることやら。

先の事はわからない自営業。

でも、こうして過ごせた楽しい時間を糧にして、

また頑張って働こうと思う。

最後にモノプリで夜食の買出しをして宿へ。

パスタとスープのシンプルごはんの後、

いらないものをどんどん捨てて、

これまで買ってきたお土産たちを詰め込む荷造り作業。

何とか目処もたって、全部入りそう。

ホッと一安心。

手足を伸ばして眠れる快適な寝床で、

おやすみなさい。

 

 

Share on Facebook5Tweet about this on TwitterPin on Pinterest0
No Comments
Leave a Comment