Blog
変態ごっつぁんキャンプ+++01
  • Posted:
  • 2014年8月28日
  • Comments:

    0

今年の夏休みもいよいよ終わりが近づいています。

ここ数日は一気に秋が訪れてしまったような陽気で、

夏の終わりを振り返ってしんみり味わう間もないくらいで焦ってしまいそう。

さて。子どもも一緒に思いっきり遊ぶ夏のイベント。

今年の夏の〆は、

やっぱり気心知れた仲間たちと一緒の変態ごっつぁんキャンプ!

出産後ちょっとキャンプはお休み中のメンバーに変わって、

たくましい母子キャンパーや女子キャンパーが加わり、今回も結局賑やか。

01

そして結局また、一泊なのに変態的な大荷物…

夜逃げですかね?!

2台の車に美味しい食材やワクワクをいっぱい詰め込んで、いざ出発!

ちょこちょこと各メンバーで

あちこちのキャンプ場をのぞいたりして偵察してみたものの、

設備の充実さや清潔さ、メンテナンスが行き届いていることなどから、

今回も神奈川の丹沢渓谷BOSCOへ。

http://www.moroto.co.jp/bosco/

流石に夏休み終盤の週末とあって、かなり道も混みましたが、

なんとか昼時に現地に到着。

朝から降っていた雨も弱まり、まずは腹ごしらえ用の厨房を設営。

仕入れた食材もおろされて、感嘆の声が上がります。

02

今回のメンバー母子キャンパーは、

実は三茶の魚屋さん魚孝さんの奥様と息子くん。

お父さんはお店があるので参加できなかったのですが、

またまた素晴らしい変態仕入れで参加してくれたのでした。

新鮮さが何よりの鰹や、ぷりぷりの立派な鯛。

その下には、また立派な貝たちが入っていました。

毎回、本当に贅沢な食材を自然の中で味わうことができてシアワセ。

 

さて、今日の料理番長はわたくし。

昼・夜・翌日の朝…と、3食分のお品書きをざざっと考えてはきたのですが、

今回初めて挑戦の料理もありまして、果たしてどうなりますことやら…

まずはランチのお品書きから。

+ 冷製にんじんのポタージュ

+ 鰹のたたき

+ 烏賊のカポナータ

+ タコめし

03

新鮮さが肝である鰹。

今回は無理を言って、こんなに綺麗に下ごしらえしてもらったものを、

手早く串で刺してざっと炭火で炙ります。

05

バーナーでも炙って、焼き色がついたところに薬味を添えて。

用意してきた酢醤油をかけて頂きます。

写真奥は、今回初挑戦だった烏賊のカポナータ。

こちらも、刺身でいけるような美味しい烏賊を使って贅沢に。

ちょっと甘くワインビネガーの風味が爽やかで、

暑い季節にたっぷりと野菜がとれる一品でした。

04

そしてランチの〆はたこめし。

ぷりっぷりのタコと生姜、油揚げと一緒に

特性タレを混ぜて土鍋で焚きました。

これもまた風味たっぷりで本当に美味しかった!

餅米のモチモチ感がまたたまらなくてモリモリ食べてしまいました。

まだまだこれは、ランチです。

メインは夜のディナー。

でもその前に、テントを張って寝床の準備をしたり、

子どもたちは釣りをして遊んだり。

07

自然を満喫して身体を動かして、たくさんおなかをすかせなくちゃね。

06

まだまだ、楽しい時間は続きます。

 

 

 

Share on Facebook9Tweet about this on TwitterPin on Pinterest0
No Comments
Leave a Comment